レビトラを通販で購入する男性

シアリスという最強の勃起持続を誇る薬

シアリスはタダラフィルを有効成分とするED治療薬で、素晴らしい勃起持続効果を持っています。
現在日本で処方されるED治療薬の中で最も新しく、様々なデメリットが解消されています。
ゆるやかに作用してくれるので、医薬品に頼っている感覚がありません。
自然に勃起してくれるので快感に違和感がなく、病院処方されるED治療薬でNo.1のシェアを誇っています。
ジェネリックED治療薬でも、メガリスなどのシアリス系が強いです。

シアリスが最強と言われる理由は持続時間にあり、10mgで24~30時間も継続してくれます。
一般的に処方される20mg錠だと30~36時間の効果を期待できます。
ゆるやかに作用するので副作用も弱く、ほとんど感じないという方が少なくありません。
体内吸収に時間がかかる仕組みになっており、即効性やパワーよりも持続性を重視しているわけです。
食事の影響も受けにくいので、食後に服用したい場合にも適しています。

シアリスは服用してから1時間未満で効果を発揮してくれることが多いですが、正しい服用方法はセックスの3時間前です。
ED治療薬はセックスの1時間前に服用する認識が広まっていますが、タダラフィルは吸収に時間がかかります。
だからこそ食事の影響を受けにくく、セックスのタイミングに合わせて飲みやすいわけです。
勃起持続が長いメリットは、1錠で長時間の性行為に対応できることです。

ウイークエンドピルと言われる理由は、1錠で週末のセックスに対応できることです。
他のED治療薬だと2錠必要になるところ、シアリスなら1錠で乗り切ることができます。
薬価は高めですがコスパとして考えると最安値になり、特にメガリスなどのジェネリック薬は先発医薬品の1~2割と非常に安いです。
シアリス20mgは病院処方されるED治療薬で最も多く、10mgを処方されることは少ないです。
10mg錠で十分な効果を発揮できる人は、20mg錠を半錠にカットして服用できます。

シアリスの服用方法

シアリスはタダラフィルを有効成分としているので、最強と言われるほど持続時間が長いです。
ゆるやかに作用してくれるため、自然な勃起ができます。
シアリスの勃起持続効果は素晴らしいです。
メガリスなどのジェネリック薬も同じですが、副作用のリスクを下げるためにも正しい服用方法を守りましょう。

シアリスは食事の影響を受けにくいですが、食べ過ぎないように気をつけないといけません。
食事は800kcal以内に抑えたほうがいいです。
効果を確実に得たい人は空腹時か食事の2時間ぐらい前に服用しましょう。
シアリスは体に吸収されるとその後の食事の影響は受けないので、デートの時は事前に服用することができます。
これは最長で36時間も効果が持続するシアリスだからできるのです。

シアリスは食事だけではなく、アルコールの影響も受けにくいです。アルコール前後の服用は可能で問題ないと言われています。
アルコールを飲むと精神安定作用によってリラックスした状態になれます。
そのため、人によっては効果が一段と発揮されることがあります。
ですので、恋人とお酒を楽しんだ後にホテルに行くことになった場合でもシアリスなら安心です。
気持ち良い状態で性行為ができるでしょう。

アルコールの影響を受けにくいですが、飲み過ぎないように気をつけないといけません。
シアリスを飲んだとしても、アルコールを飲み過ぎて神経伝達が悪化してしまうと性的刺激を受けにくくなってしまいます。
勃起力を低下させないためにもアルコールはほどほどにしたほうがいいです。

食事とアルコールの量に気をつければシアリスの効果を最大限に発揮できます。
正しい服用方法を守って恋人と楽しい時間を過ごしましょう。