レビトラを通販で購入する男性

世界で最も有名な勃起薬はやはりバイアグラ

バイアグラは発売当初から大きな話題を集めるなど、現在においても非常に知名度の高いED治療薬です。
バイアグラはアメリカに拠点を置くファイザー社によって世界で初めて製品化されており、1998年1月にアメリカにおいて販売が開始されています。
菱形で青色のフィルムコート錠であることからブルーダイヤモンドとも言われており、メディアでも夢の薬として取り上げられました。
日本では異例の速さで許認可が行われており、大きな理由に用法用量を守らずに服用したことによる健康被害の発生があります。
勃起薬としての魅力から許認可が行われる前から個人で入手する人が多く、説明を受けないままに使用したことが原因になっています。

バイアグラが有名になったのは世界初のED治療薬に加え効果の高さがあり、空腹時であれば30分程度で効き始めます。
効果効能には有効成分シルデナフィルの存在が大きく関係しており、この成分は勃起を抑制する酵素の働きを阻止し、陰茎周辺にある神経に作用して血管を拡張することで効率よく陰茎の血流を円滑にします。
使用方法は性行為の1時間前に水で服用しますが、お茶やアルコール、清涼飲料水でも問題はありません。
ただし、1日の服用は1回になり、24時間以上の間隔を空ける必要があります。
食事の影響は、一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れたり、効果自体も半減したりすることがあり、なるべく空腹時に服用するようにします。

バイアグラには血管拡張作用があるために、ほとんどの場合、顔の火照りや目の充血といった副作用が現れます。
また、血圧も2~3ほど下がることがあり、頭痛や動悸、鼻づまりといった症状が出る場合もあります。
通常、作用中に収まればあまり心配をすることはなく、長引くなど気になる症状であれば医師へ相談をすることも大切になります。

バイアグラは、同じ効果が期待できるジェネリック品も購入することができます。
有名なものにはカマグラがあり、この医薬品はインドのムンバイに拠点を置くアジャンタ・ファーマ社によって製造・販売が行われています。
カマグラはバイアグラと同じシルデナフィルを主成分に持ち、特徴の1つに水に錠剤を入れて溶かして飲む発泡剤タイプ、ゼリータイプ、口の中で溶かすか噛んで服用するタイプを用意していることがあります。
ジェネリック品には全く同じものとしてカマグラゴールドがあり、2つの製品は、カマグラが輸出用、カマグラゴールドがインド国内用として販売されています。

バイアグラがここまで根付いた理由

バイアグラが世界的に根付いたのは、いくつかの理由があります。
成分として含まれるシルデナフィルは、元々は狭心症の治療薬として開発されていたもので、EDに対する効果はその副産物でした。
本来の目的とは異なりますが、世界初の勃起薬だったこともあり、爆発的に知名度を上げていきました。

同時期にインターネットが世界的に広まりつつあったことも、根付いた理由の一つです。
当初日本では認可されていませんでしたが、インターネット上の業者から個人輸入する人が増えたことから、誤った用法により健康被害を生じる人が少なくありませんでした。
違法な値段で販売する業者も後を絶たず社会的な問題となったため、アメリカでの臨床試験のみを参考にするなど認可を急いだ結果、合法的に販売されるようになりました。

2014年にはバイアグラの用途特許が満了になり、ジェネリック品の販売が開始され、更にポピュラーな薬剤となっています。
代表的なジェネリック品としては、カマグラやカマグラゴールドが有名です。
バイアグラとジェネリック品では、効果効能や使用方法はほぼ変わらないため、安価で処方することが可能です。

新たな勃起薬が開発された影響でバイアグラは一旦シェアを落としましたが、ジェネリック品の登場により再度シェアを伸ばすようになりました。
ジェネリック品の効果は本家と同等ですが、食事の影響や副作用もほぼ同等のため、用法を守って服用する必要があります。

食後の服用は効果に影響を及ぼすため、食後数時間程度経ってからの服用が効果的です。
量を増やしたところで効果に大きな違いはありませんから、1度に摂取する服用量は厳守するとともに、再び服用する場合は24時間以上の間隔をあけるよう注意します。