レビトラを通販で購入する男性

早漏を治療するためにはプリリジー

いくつもある早漏治療薬の中でも、主成分がダポキセチンのプリリジーは、世界初の早漏治療内服薬です。
2009年に開発され、ヨーロッパを中心に多くの国で使用されています。
数百万人という多くの使用実績があり、有効性・安全性が立証・評価されているため、安心して使用することが出来ると言えます。

プリリジーが発売される前の早漏治療はというと、カウンセリングや外用薬、その他様々な早漏克服法を試すという方法が一般的でした。
また、包茎手術や亀頭増大術などの手術が行われることもありましたが、これらの方法は効果が一時的であったり、全く効果のないものもありました。
そんな中で発売されたプリリジーは、早漏治療薬の第一選択薬となっています。

プリリジーの効果効能としては、早漏の悩みの改善です。
服用することで、射精までの時間を服用前の3~4倍延長させることができ、パートナーの満足度は約2倍になる効果が報告されています。
継続して服用することにより、効果を増強させることが出来ます。

ただし、医薬品である以上、副作用が生じることはあります。
主な副作用としては、頭痛やめまい・下痢・嘔吐・倦怠感・目のかすみ・喉の痛み・蕁麻疹・起立性低血圧症などがあります。
副作用の発症確率は1~10%未満とされています。

服用方法は、性行為を行う1時間ほど前に服用します。
用量にもよりますが、24時間に1錠から服用を開始し、効果が不十分であるという場合には24時間で2錠まで増やすことが出来ます。
効果の持続時間は3~5時間ほどです。
食事の影響を受けることはありませんので、食前・食後いつでも服用することが出来ます。

プリリジーを購入する方法は、クリニックで診察を受ける方法と個人輸入で購入する方法の2つがあります。
個人輸入で購入する方法は手軽に安く購入する事が出来るというメリットはありますが、偽物が混ざっている可能性があるというリスクがあります。
安全に服用をするためにも、医療機関に相談をすることをおすすめします。

プリリジーを飲んではいけない人は?

プリリジーは早漏の治療薬の中で、世界初の内服薬であり高い評価を受けている薬です。
早漏治療における効果効能も非常に高いので、第一選択薬として選ばれ多くの男性の悩みの解決に役立てられて高い満足度を得ています。
実際にプリリジーは世界60カ国以上で認可されている事でも、効果効能の高さをうかがい知る事が可能です。

そんなプリリジーの服用方法ですが、性行為を行う1時間から3時間程前に飲むのが基本となっています。
ただし1度に多く服用すれば得られる効果効能が高まる訳ではないので、大量摂取するという方法は行うべきではありません。
プリリジーは24時間で1錠以上飲むと身体に必要以上の負担が掛かる恐れがあるので、注意が必要です。
仮に1錠で効果が実感出来なかった場合でも、24時間で2錠までの服用に止める必要があります。

というのもプリリジーは早漏に対する改善効果が高い分、身体にある程度負担を掛ける恐れがあるので注意すべきです。
プリリジーに含まれる有効成分であるダポキセチンは様々な副作用が報告されているので、服用する際には注意が必要となります。

具体的な副作用としては吐き気や頭痛、目まいや倦怠感等の体の不調です。
必要以上に大量に服用すると、副作用が生じる可能性が高くなるだけではありません。
重症化してしまう恐れもあるので、用量はきちんと守って慎重に服用すべきです。

プリリジーを服用する際の注意点としては、飲んではいけない人が存在する事も知っておく必要があります。
まず重度の心疾患を持つ人は、身体に余計な負担が掛かるので服用すると危険な恐れがあり注意すべきです。
なので必ず医師に相談して、服用可能かどうかを確認しなければなりません。
同様に抗うつ剤を服用している人が併用すると痙攣や高熱、錯乱といった症状を引き起こす恐れがあります。
だからこそ服用すべきではないです。